リマテック東北株式会社

リマテック東北株式会社

 東日本大震災から5年が経過し、リマテック東北も分社化から3年目を迎えました。
 当社の拠点がある岩手県気仙地域はまだ復興半ばの状況にあり、「安全第一」をモットーに高台造成工事等から発生する抜根(樹の根)や土砂を、セメント工場で原燃料化するための前工程作業を行っています。また東北地方のお客様が抱える課題解決に向け、リサイクルや有価物化のご提案を行う「廃棄物再資源化コーディネート業務」にも積極的に取り組み、地域未利用資源を活用した再資源可能エネルギー導入も、引き続き可能性の追及を行い、地域活性化の推進力となるべく日々活動しております。
 リマテックグループとしてこれまでに培った経験とノウハウを活かし、「ステークホルダーとの協創による事業・価値の創出」に向け社員一丸となって邁進します。

会社概要

社名 リマテック東北株式会社
本社 〒022-0007 岩手県大船渡市赤崎町亀井田2-3
TEL:0192-47-3526 FAX:0192-47-3527
代表者 田中 靖訓
資本金 1,000万円
設立 2014年4月
従業員数 11名(2016年4月1日現在)
主要取引銀行 岩手銀行
事業内容 産業廃棄物処理、再資源化事業、等

業務内容

地域を元気にする、新しい事業・価値を創出

  • ・ 地域再生可能エネルギーシステム構築に関する業務
  • ・ 資源循環に関する請負業務
  • ・ 廃棄物再資源化コーディネート業務

岩手県大船渡市赤崎町亀井田2-3

環境安全CSRの取り組み

2016年度の取組みとして、ISO14001認証取得を目指し、活動を開始しました。
リマテック東北株式会社の環境方針および適用範囲を公開いたします。
活動内容については、進捗に応じて更新をしてまいります。

環境方針

リマテック東北株式会社は、東日本大震災からの復興が進む岩手県大船渡市を拠点とし、太平洋セメント株式会社大船渡工場において、復興工事で発生する廃棄物等の再資源化を進める一翼を担う事業活動を通じて、リマテックグループの企業環境理念に基づき、全ての事業活動において、以下の環境方針を積極的に推進します。

事業活動による環境社会への貢献

復興工事並びに産業で発生する廃棄物を、セメント工場での再資源化のための前処理を推進し、その業務での天然資源およびエネルギーの使用量削減並びに環境汚染の防止に努めます。
再生可能エネルギー利用促進のため、その課題把握に努め、地方都市でのモデル事業の立上げを目指し、地球温暖化防止に努めます。

環境関連法規制の順守

環境関連法規制を順守します。
利害関係者とのコミュニケーションを積極的に図り、同意する要求事項を順守します。

教育

社員一人一人の環境意識を高めるため、教育・啓発を行います。

環境管理体制の確立

環境マネジメントシステムを構築し、環境目標を設定し、定期的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

この環境方針を、社員、役員に周知するとともに、一般にも公開します。

2016年7月1日
リマテック東北株式会社
代表取締役 田中 靖訓

環境管理体制の確立

太平洋セメント株式会社大船渡工場内での、復興工事から発生する廃棄物の再資源化前処理請負業務 ・営業活動(廃棄物再資源化の提案、コンサルタント業務)
新規事業開発活動(再生可能エネルギー事業の検討、その他新規事業開発活動)
管理業務(安全、環境業務、経理/総務等の管理部門における業務)

上記の活動を行う所在地:岩手県大船渡市赤崎町字亀井田2-3

ページ上部へ