環境方針

 廃棄物処理/リサイクル事業者としてどのような環境方針を 構築すべきかについて、ISO14000シリーズが発行された1996年から検討を開始。1999年3月に大阪工場 製造部において、ISO14001の認証を取得いたしました。
 近年、ISO14000シリーズの普及が進み、認証を持っていて当たり前のようになってきており、企業戦略のツールとしての価値が薄れ、認証を返却するところもあると聞きます。しかし、産業廃棄物を扱っている当社にとって、「EMS」環境マネジメントシステムを運営することこそが社会的責任であり、更新し続けることは、環境影響を最小限にとどめようと努力していることを認めていただいていることだと捉えて、環境に対する配慮をしていきたいと考えております。

本社・大阪工場・堺SC工場
< 基本理念 >
リマテック株式会社は、地球天然資源が有限であることを認識し、地球環境保全は人類社会共通の重要課題のひとつとして捉え、企業活動(廃棄物資源化)と環境の調和を目指して、社員全員が環境管理活動に積極的に取り組む。
そのために、環境マネジメント活動をし、自ら決定した適用範囲の中で、重点項目を推進し、環境パフォーマンスを継続的に改善することを約束する。

登録証
登録証 英語版

< 重点項目 >
リマテック株式会社は廃棄物の処理事業に係るすべての活動、製品及びサービスの環境影響を低減するために、次の項目に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。
  1. 当社の活動、製品及びサービスに係る環境影響を常に認識し、環境汚染の予防及び環境保護を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。
    なお、環境保護には、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応、並びに生物多様性及び生態系の保護を含みます。
  2. 当社の活動、製品及びサービスに係る環境関連の法的及びその他の要求事項を順守します。
  3. 当社の活動、製品及びサービスに係る環境影響のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
  4. (1) 電力消費量の削減
    (2) 産業廃棄物の資源化
    (3) エコ製品購入の推進
    (4) 生物多様性に基づくボランティア活動とSDGsの取り組み
  5. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この方針を組織の全員に周知するとともに一般の人々が入手できるようにします。


  上記の重点項目の達成のために、環境改善目標を設定するとともに定期的に見直し
  環境マネジメント活動を推進します。

2019年 4月 1日
リマテック株式会社
代表取締役
塩見 賴彦