環境方針

 廃棄物処理/リサイクル事業者としてどのような環境方針を 構築すべきかについて、ISO14000シリーズが発行された1996年から検討を開始。1999年3月に大阪工場 製造部において、ISO14001の認証を取得いたしました。
 近年、ISO14000シリーズの普及が進み、認証を持っていて当たり前のようになってきており、企業戦略のツールとしての価値が薄れ、認証を返却するところもあると聞きます。しかし、産業廃棄物を扱っている当社にとって、「EMS」環境マネジメントシステムを運営することこそが社会的責任であり、更新し続けることは、環境影響を最小限にとどめようと努力していることを認めていただいていることだと捉えて、環境に対する配慮をしていきたいと考えております。

 リマテックグループでは、これまでリマテックで運用してまいりました「EMS」環境マネジメントシステムをグループ全体に拡大させて再構築し、2016年11月24付でISO14001:2015の認証を取得いたしました。

リマテックグループ:リマテックホールディングス・リマテック・リマテック九州・リマテック東北・リマテックR&D・RTT 以上6社
本社・大阪工場・堺SC工場
< 基本理念 >
リマテック株式会社は、地球環境保全は人類社会共通の重要課題の一つである事を認識し、事業活動を通じて環境との調和を図り、天然資源の循環、再生可能エネルギーの効率的利用、生物多様性の保全を実現することによって、国際社会が目指す持続可能な社会構築に貢献する。

登録証
登録証 英語版

< 重点項目 >
リマテック株式会社は上記の基本理念を遵守するとともに、以下の項目に基づいた全社員参加による
環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指す。
  1. 当社は、産業廃棄物を適切に再資源化することによって地域社会が利用可能な製品(資源)
    として供給すると共に、事業活動を通じて生じる環境影響を常に認識し、 環境汚染の
    予防及び環境保護を推進する。
  2. 当社は、環境活動に関する目的・目標を設定し、環境マネジメントシステムにおいて
    これを実施評価することで環境保全活動の継続的な改善を図る。
  3. 当社は、企業活動における環境側面に関係する法的要求事項やその他同意事項を遵守する。
  4. 当社は、啓発活動を通じて環境方針を周知すると共に、全社員が環境活動に積極的に参加
    できるよう、これを支援する。

< 重点テーマ >
RF事業における先進的なリサイクルと再資源化の推進

 (1) 電力消費量(処理数値換算:原単位の削減)
 (2) 臭気発生防止の積極的な推進
 (3) 土壌汚染、水質汚染防止の推進
 (4) 生物多様性に基づくボランティア活動への参加

2016年 9月 1日
リマテック株式会社
代表取締役
籔 哲之