RF事業

RF事業について

燃焼ゼロ・排水ゼロ・埋立ゼロの地球に負荷をかけないリサイクル・システム。
回収した産業廃棄物の98%を再資源化します。受託した廃棄物は、再資源化後セメント会社にて石炭代替燃料として活用されます。

リマテックグループの
RF事業とは

リマテックのコア事業

1960年代頃から社会問題化していた海洋汚染。
その主原因である廃油や廃液を適切に、環境に負担をかけずに処理したい。
そんな思いから、リマテックで開発された「RF」は、可逆的チキソトロピー性を有するセメント焼成用補助燃料組成物(特許第3039644号)を、Reclaiming Fuel(廃棄物を利用した再生燃料)と称したもの。
日本で初めて開発した独自のミキシング技術は二次公害の発生を伴わずに、受け入れた産業廃棄物のほぼ100%を、RFにうまれかわらせることを可能とし、石炭代替燃料として再資源化されることから、CO²削減などの環境負荷低減に貢献し、近年はアジアへも技術支援を行っています。

RF製造フロー

石油精製会社、半導体産業、鉄鋼機械産業、自動車産業→受入検査、性状分析→プラントミキシング→再生燃料→セメント製造工場

2015年度生産量:石炭換算で約68,000トン→16.0万トン相当のCO²排出を抑制

リマテックグループのRF事業を支える企業

リマテック株式会社

リマテックのRF事業では、様々な産業から排出される様々な廃棄物を、
石炭代替燃料(RF:Reclaiming Fuel)に再資源化し、販売します。

  • 当社独自のミキシング技術
  • 廃棄物同士のマッチングノウハウ

を駆使し、徹底した廃棄物管理・安全管理・環境管理で
お客様からお預かりした廃棄物をリサイクルします。

  1. 当社独自の特許技術により、様々な廃棄物の再資源化が可能です
  2. 燃焼ゼロ・廃水ゼロで二次公害の発生を伴いません
  3. RFは石炭代替燃料として販売され、最終処分を伴いません

リマテック九州株式会社

リマテック九州株式会社では、入荷された産業廃棄物は専門の分析署内より全て成分分析を行い、その後、混合試験にて化学反応による発熱等のリスクをpH・温度などあらゆる角度から洗い出し、細心の注意を払いながら日々、産業廃棄物中間処理を行っています。
また、混合にて製造されるRFに対しては、石炭に代わる代替燃料としての熱量(カロリー)確保に向け、更なる品質向上と安定生産確保に向け日々、研究を重ねています。
2013年12月の工場再建当初に比べ、工場稼働率も上がり、出荷量も順調に伸びてきていますが、これからも「安全・安心・信頼」を念頭に日々、安全第一で取り組んでいきます。

RFの出荷量

対象/リマテック株式会社,リマテック九州株式会社

年度 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007
RF燃料出荷量(t) 97,400 82,546 103,603 110,954 105,033 110,164 93,470 95,536 95,497
リサイクル率 90.2% 98.6% 98.9% 98.4% 96.9% 97.2% 97.0% 97.2% 97.4%
石炭換算(t) 68,180 57,782 72,522 77,668 73,523 77,115 65,429 66,875 66,848
CO²発生抑制量(t・CO²) 160,710 136,201 170,945 183,074 173,304 181,771 154,226 157,634 157,570
ページ上部へ